フラット35の金利一覧で最もお得な銀行

フラット35金利一覧でおすすめの銀行は?

口コミイメージ

固定金利で金利変動のリスクがないので選ぶ人も多いフラット35ですが、申し込む際に金利以外にもチェックしたい内容があります。

 

それは事務取扱手数料や登記などでかかる諸費用です。

 

他にも、銀行機関によっては繰り上げ返済時に手数料が発生するローンもあります。

 

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいに設定されているのが多いようです。

 

また、金利条件の見直しを兼ねて借り換えを行う際には、新たにローンを組む形になるので再度、事務手数料などの費用が必要です。

 

金利を下げて減る総支払額と借り換えにかかる諸費用を諸費用を計算して今は、借り換えを行わないと判断する人もいます。

 

なかなか使う機会のない住宅ローンですが利用する機会がないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

 

フラット35を例にして契約の流れを説明します。

 

新築で立てる場合では、借り入れの申し込みや設計審査が甘いを申し込み、設計審査の申請をして物件が基準を満たしているか審査が甘いしてもらいます。

 

審査が甘い結果は1週間から2週間くらいで通知されます。

 

その後は工事を進めていき、途中、完成後に再度、審査が甘いの申請をしていただく必要があります。

 

竣工現場審査に合格するとの融資の契約や資金の受け取りなどの手続きが行えます。

 

世の中には様々な住宅ローンが存在します。

 

銀行独自のローンやフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローン商品など種類が多すぎてどれに決めればよいかわかりません。

 

なので金利一覧で一番お得なところを選べばよいのです。

 

他の人がどういった内容を比較してローンを決めているのでしょうか。

 

特に比較されているのは金利条件です。

 

単純に金利の数値を見ている場合もあれば将来的に金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

 

変動型の場合は銀行独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに変わります。

 

みなさんが住宅ローンを決める際の参考にしてください。

 

住む家を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動の悩みが嫌でフラット35で組んだ人もいると思います。

 

できるなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

 

実はフラット35から別のフラット35へのローン変更ができるんです。

 

その際、メリットが受けられるのは金利差が0.3%以上となっています。

 

また、金利一覧で選べば借り換えのタイミングで変動型にすることもできます。

 

行うかどうかは各銀行機関のホームページにあるシミュレーションを利用して毎月の支払額がどう変わるかやその他費用も含めていろいろな面から検討するようにしましょう。

 

借入に際して審査が甘いを行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

 

住宅を購入する際の資金準備で強い味方になる住宅ローンですがローンなので場合によっては審査に落ちることもあります。

 

基本的にローンに落ちる可能性が高い状況と言われているのが過去に公共料金や別のローンの支払いが滞っている場合や借り入れ希望額に対して年収が低くて返せそうにないといった場合が挙げられます。

 

フラット35などほとんどのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約3割以内に収まっているかという部分も重要です。

 

フラット35は金利の一覧表から一番お得なところを選ぶのが最も正しい方法では無いでしょうか。

 

例えば、今回申し込むローンの返済額は年収の3割以下だったとしても車のローンやリフォームローンなど他のローンが残っていて年間支払額を合計すると超えてしまうといったこともあります。

 

人生で最大の買い物と言われる住宅ですが一括で買うという人はほぼいないと思います。

 

その際、資金調達で利用するのが住宅ローンです。

 

その際、変動金利にするのか、固定にするのか悩みますよね。

 

返済計画の立てやすさを考えるとフラット35がおすすめです。

 

2004年の開始当初から金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのに良い時期だと言われています。

 

また、変動型の方が固定型よりも1%近く低い数値になっていますが金利変動で毎月の返済額が高くなる可能性があります。

 

返済計画が立てにくいデメリットがあります。

 

住宅ローンについて調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を感じている人がいるようです。

 

フラット35とは銀行機関と住宅金融支援機構がコラボレーションした住宅ローンのことです。

 

金利がそれぞれ異なっているためしっかりと銀行ごとに金利比較をする必要があります。

 

住宅ローンなどの高額融資は民間の金融機関では全期間固定金利では難しいとされています。

 

その資金調達の難しさやリスクに対して住宅金融支援機構が支援しています。

 

メリットとしては、勤続年数が1ヶ月から申しこみ可能と短くても借入できる可能性があることや保証料が必要ではないことや審査が甘いは銀行と住宅金融支援機構の両方が行うことなどが挙げられます。

 

繰上げ返済可能額が100万円からと高額なことなどです。

 

長期間の高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

 

なかなか周りの人に相談するものでもなく、なにを基準に選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

 

専門家に相談するのが一番だと思ってもどう相談したらいいかわからないという場合もあります。

 

固定金利でおなじみのフラット35について聞きたい場合は各銀行窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が主催している相談会に行くのがオススメです。

 

この相談会に行く場合は予約がいるのでwebサイトで会場などの情報を確認しましょう。