複雑な住宅ローン金利研究!

ミックス

● 固定金利と変動金利の組み合わせ
固定金利、変動金利それぞれに一長一短ありますが、それらを組み合わせ、借入側により魅力的になるよう工夫された個性的な商品が出てくるようになりました。

固定金利と変動金利を同時に実行し、ほどほどの金利、ほどほどのリスクを実現した商品。

現在の低い変動金利を生かし、初めのうちは変動金利で、一定期間経過後、固定金利に移行する商品。

また、がらりと考え方を変えて、固定金利と変動金利とを切り替えやすくし、借入側の判断で逐次組み立てていくことを可能にした金融機関。

全体的な傾向として、以前よりは借り換えをしやすくなっているということも、結果的に固定金利と変動金利を組み合わせているともいえなくはないでしょう。

どの場合も、変動金利が組みこまれているため、ずぼらでは得になりません。

借入をしたらそれきりと手放ししてしまうより、借入後も政治や景気動向、金利の推移などから、必要に応じて対策していく手間をかけたほうがローン負担を軽減できるしょう。

● 預金連動型
ここで、より魅力的になるよう工夫された個性的な商品ということで、「預金連動型」をあげておきます。

これは、住宅ローンの固定金利、変動金利を適用する「元本」の考え方に新規性があります。

通常、金利を計算するための「元本」を減らすには、月々の返済か任意の繰り上げ返済、すなわち、実際に「返済」を実行するという方法しかありません。

ところが、この「預金連動型」は、「預金」をすることで、金利を計算するための「元本」を減らすことができます。

つまり、「預金」をすることで、「繰り上げ返済」と同じ効果をあげることができ、極端な話、金利を0%にすることも可能です。

繰り上げ返済がローンの総返済額を減らす一番の近道と知りながら、子どもがいたりして、急な予定外の出費の備えとして繰り上げ返済を実行できなかった人たちには、これは朗報です。

● まとめ
住宅購入は、一生涯で一番といってもよいくらいの大きな買い物です。

インターネットが発達し、ウェブ上で簡単に情報収集やシミュレーションができるようにもなってきています。

各金利タイプのローンの特徴をよく研究し、自分のライフスタイル、希望に合わせたものを選んでください。

(例)

  • 借り入れ当初は、子供の教育費がかかるから返済額を抑えたい。
  • どんどん繰り上げ返済して、とにかく総返済額を少なくしたい。
  • 金利の変動に気をもむことなく、返済していきたい。

フラット35金利ランキング!<2017年4月版>